岡山県岡山市北区の内科 表町診療所【内科・呼吸器内科・アレルギー科・糖尿病内科・禁煙治療・睡眠時無呼吸症候群他】
ホーム > 4) 睡眠時無呼吸症候群

4) 睡眠時無呼吸症候群

■ 睡眠時無呼吸症候群の定義
睡眠時中に、無呼吸(10秒以上の呼吸気流停止)や低呼吸の状態が1時間あたり5回以上、認める場合に診断される病気です.

主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります.英語でSleep Apnea Syndromeといわれ、SASと略して呼ばれることもあります.

自宅でも睡眠評価が、気流センサーと動脈血酸素飽和度、あるいはいびき体位センサーと末梢動脈血流・酸素飽和度の装置を装着して
簡易的な評価が可能です.症状や、重症度などに応じて治療が必要となります.


■よくある症状

•就寝中の意識覚醒の短い反復、およびそれによる脳の不眠
•昼間の耐えがたい眠気
•抑うつ
•頻回の中途覚醒 集中力の低下
•(家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
•(家族などが気づく)大きな鼾(いびき)など
•(家族などが気づく)夜間頻尿(2型糖尿病になりやすくなる)
•起床時の頭痛
•インポテンツ(女性の場合は月経不順)
•のどが渇く
•こむら返り
•糖尿病性昏睡

■治療について

症状にあわせて、CPAP装置を使った治療や、マウスピースを使った治療をおこな行っています.また、扁桃腺肥大など外科的治療が必要な場合も、信頼できる医療機関をご紹介いたします.


表町診療所
〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内1-11-14
086-233-0012

Copyright (c) Omotechoui Clinic All Rights Reserved.